Q10.相続税

Q10.相続税はかかるの?いくらぐらいなの?

A10.相続税を納めているのは、亡くなられた100人に4人程度ですが、計算過程は知っておいて損はありません。

(1)相続税額は以下の順序によって税額を計算します。

相続もしくは遺贈または相続時精算課税による贈与等による財産を取得した各人ごとに・・・

①取得財産額-(その者の負担債務+公租公課+葬式費用)=課税価格(A)
②全員の課税価格の合計額(B)-遺産にかかる基礎控除額=課税遺産総額(C)
  遺産にかかる基礎控除額:5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
  (例)夫婦と子2人の世帯で、夫が亡くなった場合、法定相続人は3人で、基礎控除額は8,000万円になります。

いかがですか?課税遺産額(C)がプラスでしたら、(C)を法定相続分で按分します。

③(C)×法定相続分=法定相続分に応ずる各人の取得金額(D)
  各人の取得金額に相続税率を掛け、各人の相続税額とその合計額を算出します。
④(D)×税率=法定相続分に対する算出税額(E) 全員の合計額(F)
  相続税の合計額(F)を各人の取得価格に応じて按分します。
⑤(F)×(A)/(B)-配偶者控除・未成年者控除等(相続税の2割加算がある場合はその加算をまずおこなう)=各相続人等の税額

法定相続分・・・下位の者は上位の者の死亡や相続放棄等がなければ相続権はありません。また、相続人となるべき者(被代襲者)が相続開始時に死亡その他の理由で相続権を失っている場合は、その者の直系卑属がその者と同一の順位で相続人となります。

(イ)子と配偶者が相続人である場合(第1順位):設例では子は3人

  各人の相続分



相続分
配偶者1/2


子1/2
1/2×1/3=1/6
1/2×1/3=1/6
1/2×1/3=1/6

(注1)子の1人が非嫡出子(婚外子)である場合、子はそれぞれ1/2×2/5、1/2×2/5、1/2×1/5となる。
(注2)配偶者が相続開始時に亡くなっている場合は子がすべて相続します。

(ロ)配偶者と父母(直系尊属)が相続人である場合(第2順位)

  各人の相続分


相続分
配偶者2/3

直系尊属1/3
父1/3×1/2=1/6
母1/3×1/2=1/6

(注)配偶者が相続開始時に亡くなっている場合は直径尊属がすべて相続します。

(ハ)配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合(第3順位):設例では兄弟は2人

  各人の相続分


相続分
配偶者3/4

兄弟姉妹1/4
兄1/4×1/2=1/8
弟1/4×1/2=1/8

(注)配偶者が相続開始時に亡くなっている場合は兄弟姉妹がすべて相続します。

相続税の速算表

法定相続分に応ずる各人の取得価額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

(2)計算例

①相続人 妻・子2人

②遺産額 1億2,000万円(法定相続分により分割)

③相続分の計算
  遺産額1億2,000万円-基礎控除8,000万円=4,000万円
  妻の相続分 4,000万円×1/2=2,000万円
  子の相続分 4,000万円×1/2×1/2=1,000万円(1人あたり)

④相続税総額の計算
  妻・・・・・2,000万円×15%-50万円=250万円
  子・・・・・1,000万円×10%=100万円(2人合計200万円)
  相続税総額=450万円

⑤各人の相続税額
  妻の相続税450万円×6,000万円/1億2,000万円=225万円
  子2人の相続税450万円×6,000万円/1億2,000万円=225万円

⑥配偶者に対する税額軽減
  相続税総額×法定相続分相当額(1億6千万円に満たない場合は1億6千万円)と実際取得額とのいずれか少ない額/課税価格の合計額
  450万円×6,000万円/1億2,000万円=225万円

⑦各人の納付額
  妻 225万円-配偶者の税額軽減225万円=0
  子 225万円(それぞれ112万5千円)

事務所概要

事務所名 渡部薫夫税理士事務所(TKC会員)
渡部千鶴社会保険労務士事務所
有限会社オフィス大手
住所 〒448-0857
愛知県刈谷市大手町1丁目50番地
連絡先 フリーダイヤル:0120-23-0095
電話:0566-21-0167
FAX:0566-21-5111